輝石のベルトの各効果出現率を完全解析(2)~闇&天箱考察~

  • 2018.05.09
輝石のベルトの各効果出現率を完全解析(2)~闇&天箱考察~

はじめに

天箱、闇箱より入手した輝石のベルト(秘石)のデータサンプルを少しずつ積み重ねてきた結果、各効果の出現率がどのように割り振られているのか分かって参りました。

以前の記事(竜箱考察)と同様に、実測から全ての効果の出現率を予測して表にしてみましたのでご紹介致します。

サンプルがもっと増えて振り分けに変化があった場合は、訂正していくことがあると思いますのでご了承くださいませ。

実測

まず、天箱と闇箱を比べてみることから始めました。

天箱振り分け表
580 434 292 1306
44.41% 33.23% 22.36% 100.00%
闇箱(秘石)振り分け表
384 265 182 831
46.21% 31.89% 21.90% 100.00%
以上より、天箱と闇箱(秘石)は振り分けが一緒と予測できました。

予測

分母4096で上記実測に近似する振り分けは以下のようになっていると考えられます。

振り分け予測表(分母4096)
24 16 12 52
46.15% 30.77% 23.08% 100.00%

また、④が存在しない効果については③と④の合算確率になると考えられます。

振り分け予測表(分母4096)
40 12 52
76.92% 23.08% 100.00%
最高値出現率は竜箱の2倍であると予測しています。

振り分け表

ステータス系の効果を例に各効果の出現率を分母4096で表すと以下のようになります。

振り分け表
ステータス
さいだいHP 40 12 52
さいだいMP 40 12 52
こうげき力 40 12 52
おしゃれさ 40 12 52
しゅび力 24 16 12 52
攻撃魔力 24 16 12 52
回復魔力 24 16 12 52
すばやさ 24 16 12 52
きようさ 24 16 12 52
合計 0 0 280 80 108 468

ガード系の出現率が半分になるのは竜箱と同様のようです。

振り分け表
ガード系
各弱体系耐性 20 6 26
混乱ガード 12 8 6 26
幻惑ガード 12 8 6 26
どくガード 12 8 6 26
おびえガード 12 8 6 26
踊らされガード 12 8 6 26
眠りガード 12 8 6 26
マヒガード 12 8 6 26
封印ガード 12 8 6 26
呪いガード 12 8 6 26
即死ガード 12 8 6 26
転びガード 12 8 6 26
しばりガード 12 8 6 26
魅了ガード 12 8 6 26
MP吸収ガード 12 8 6 26
ふっとびガード 12 8 6 26
合計 0 0 200 120 96 416

ご覧の通り、竜箱と比較しても1つの効果の出現率合算は全く変わってません。

以上より、竜箱と比較すると①と②が消滅して③④⑤に振り分けられる。

シート

表を全て記載すると膨大になってしまうので、スプレッドシートをご用意しておきました。

ファイルよりご自分のマイドライブにコピーを作成すれば編集も出来ますので、活用したいかたはどうぞご利用ください。(データ引用の際はこのURLへのリンク必須)

輝石のベルト各効果出現率(公開用)

補足と一言

例えば、封印を全くしない状態でさいだいHP+10の出現率は12/4096(0.2929%)ということになります。

おしゃれさを封印して分母が4096から4044に圧縮されれば12/4044(0.2967%)と、僅かですが出現率が上がっていくわけです。

つまりは、ガード系を1つ封印しても分母は4096から4070にしか圧縮されないので封印効率が悪いことになるのです。



邪神&迷宮カテゴリの最新記事

^