占い師の火力考察~VS 最強の冥骸魔レギルラッゾたち~

占い師の火力考察~VS 最強の冥骸魔レギルラッゾたち~

はじめに

最強の冥骸魔レギルラッゾたちに勝利したときのダメージ集計により占い師の火力性能、今後の課題などを軽く考察してみましたのでご紹介致します。

構成は占占天僧(キメラ)です。合計推定HPは33.8万から35.5万程度だと言われています。つまり1人あたり12万削ればノルマは達成できるわけです。

現在は討伐を早くすることが目的ではなく、安定討伐をメインにしているので討伐時間はそれほど早くはありません。17分~18分程度です。

手慣れたメンバーで挑んだ場合の1飯以内の勝率はかなり安定してきています。最強の日も日課として安心して紫箱を取りにいけてほっとしています。

ステータス

私の占い師のスペックはかなり良いほうだと思っています。白宝箱で入手した闇42盾のおかげで比較的簡単に闇100が可能なためです。

ブレス耐性を無視できるのでその分を攻撃魔力に変換しています。メイン攻撃である塔のタロットの平均ダメージを計算式より求めると『853』となってます。

一般的な占い師の魔力は600前後なので、今回の記録の1割減程度になるかもしれません。ここまで強化すれば強いという認識で記事を読み進めて頂ければ幸いです。

集計

動画に撮っていた勝利3戦のダメージ集計をしてみました。

タロットデッキは最新のではなく、試行錯誤していた時期のものなのですが、アルカナ割り振りは定番の塔4死神2正義2隠者2となっています。

最強レギルラッゾたち3戦のダメージ集計表
アルカナ回数ダメージ割合
110265,15575.0%
死神3258,69816.6%
正義1822,6166.4%
隠者117,2182.0%
合計171353,6872,068

ダメージ割合より塔や死神を使い切ったら魔王のいざない、リセットベールを使っています。期待値の低い隠者は使わずにスキップしている傾向にあるようです。

このダメージ割合ならば、雷属性のダメージがアップするベルトが最優先で良いようです。

例えば、雷10闇10の複合より、雷単+13%のほうが総合ダメージ期待値は多くなるからです。

考察

上記集計表の右下の数値2,068は総ダメージを攻撃行動回数で割ったものです。

占い師のタロット攻撃1回あたりのダメージ期待値は2,000を超えています。これは両手杖を装備した天地雷鳴士に匹敵する攻撃力です。

盾を装備しながら両手杖天地並みの火力性能で、最後までMPが切れることなく、蘇生補助もできる。その性能をフルに活かせれば、かなりの強職業であることが読み取れます。

ここで、ダメージノルマは約12万なので、約60回攻撃行動が出来れば達成できます。

素早さの公式よりターン間隔は約5.2秒です。20分の制限時間の中で移動や特技硬直などを考慮すると1ターン10秒程度なので約120回は行動できると考えられます。

そのうちの30行動は蘇生や強化、30行動分は戦闘不能で動けないとしても、60行動は意外と簡単に達成できる数であることが分かりました。

課題

戦闘不能回数を減らす

まず回避できる範囲攻撃を避ける精度を上げるがことが重要に思います。これはLv3以外でも日々の周回で意識して精度を上げていく努力はできるはずです。

また、それ以外に自身の回避性能を上げることでも減らすことができます。それはすなわちセイクリッドソードに武器ガード率の錬金効果が付いたものを白宝箱で狙うことです!

先日発表された大型アップデート情報 バージョン4.2 (2018/5/25)より、セイクリッドソードでメジャーなソルジャーブルになんとブルームシールドが追加されるようです。

セイクリッドソードが消滅する可能性もありますので何とも言えませんが、レベル上げも兼ねて出来るのでこれは混雑必至の予感がします。

無駄な行動を減らす

仮に攻撃以外の行動を極限まで減らすことができれば、60行動は10分程度で完遂できます。

現在はノルマ達成に約17分ほど必要としているので、無駄な蘇生被りや強化を減らし、15~16分で60回の攻撃行動をすることが目標になるでしょう。

補足と一言

火力について

火力不足による討伐時間切れに悩んでいる人は、自分の行動回数とダメージを集計してみるのも手だと思います。

20分という制限時間で60~70回の攻撃行動が出来ているか、自分がノルマの12万ダメージ前後を達成しているかを調べてみるのです。

構成について

3火力構成は理に適っていると思います。2火力構成は1人あたりのダメージノルマが約18万に跳ね上がり、期待値2,000の行動を約90回もしなければいけません。

120回という行動制限の中で、90回の攻撃行動を捻出するのは非常に厳しいです。安定討伐を目的とするなら、3火力構成で練習を重ねてゆくのが良いと思います。



占い師&タロットカテゴリの最新記事

^