ゼルメア装備の錬金効果振り分け調査~まとめ~

ゼルメア装備の錬金効果振り分け調査~まとめ~

はじめに

ゼルメアで入手した装備を全て記録してきました。各錬金効果の出現率についてある程度予測がついたことをご報告致します。

最初にまず、調査により導き出せた重要な案件をご紹介します。

パルプンテで付く効果はわずかに出現率が高い。(属性ダメージ減やレアドロップなど特殊なものを除く)

最近の傾向として『どくガードや移動速度の錬金効果』が求められておりますが、皆様のニーズにお応えしてはじめから少しだけ付きやすくしておいてくれたようです。

調査結果と予測

以下に調査結果と振り分け確率予測をまとめておきます。各装備1000個程度の調査です。

頭装備調査表
錬金効果Lv99Lv96合計確率予測
さいだいHP191802718.47%8.67%
さいだいMP207512588.06%8.67%
幻惑ガード207722798.72%8.67%
マヒガード206662728.50%8.67%
眠りガード198672658.28%8.67%
混乱ガード217802979.28%8.67%
封印ガード190752658.28%8.67%
即死ガード199722718.47%8.67%
おびえガード231843159.84%8.67%
どくガード2449533910.59%11.00%
開戦時ピオラ2818736811.50%11.00%
合計23718293200100.00%100.00%

パルプンテ効果のどくガードと開戦時ピオラの振り分け確率が少し高くなっていることが読み取れると思います。

からだ上装備調査表
錬金効果Lv99Lv96合計確率予測
しゅび力2447031410.63%10.00%
ブレスダメージ減2278130810.43%10.00%
攻撃呪文減200862869.68%10.00%
呪いガード216742909.82%10.00%
即死ガード218652839.58%10.00%
こうげき魔力191782699.11%10.00%
かいふく魔力205722779.38%10.00%
おもさ3147939313.30%12.50%
開戦時スカラ27010237212.59%12.50%
炎ダメージ減159240.81%0.71%
氷ダメージ減209290.98%0.71%
風ダメージ減224260.88%0.71%
雷ダメージ減203230.78%0.71%
土ダメージ減164200.68%0.71%
光ダメージ減195240.81%0.71%
闇ダメージ減124160.54%0.71%
合計22097452954100.00%100.00%

パルプンテ効果のおもさと開戦時スカラの確率が少し高いです。

属性ダメージ減に関しては、恐らく合計5.00%の7種を等確率として各0.71%程度と予測しているので少しだけ盾より確率が高いです。

からだ下装備調査表
錬金効果Lv99Lv96合計確率予測
しゅび力158782369.30%8.89%
MP吸収ガード147752228.75%8.89%
幻惑ガード164652299.03%8.89%
マヒガード160752359.26%8.89%
眠りガード152752278.95%8.89%
混乱ガード167682359.26%8.89%
封印ガード127661937.61%8.89%
こうげき魔力156722288.99%8.89%
かいふく魔力151602118.32%8.89%
どくガード1777825510.05%10.00%
開戦時マホキテ2036326610.48%10.00%
合計17627752537100.00%100.00%

同様にどくガードと開戦時マホキテの錬金効果の出現率が高いです。

からだ下でどくガードが重なる確率

1/10が2回重なる確率は1/100です。星3装備は錬金枠が3つあり、〇〇✖、〇✖〇、✖〇〇で3通りあります。よって星3のからだ下装備を約33個入手すれば1つくらいは出そうです。

足装備調査表
錬金効果Lv99Lv96合計確率予測
おもさ24710034711.34%12.00%
すばやさ29810940713.31%12.00%
身かわし率26310136411.90%12.00%
おしゃれさ2289432210.53%12.00%
転びガード3039239512.91%12.00%
踊らされガード2499234111.15%12.00%
移動速度33011844814.65%14.00%
不意をつく確率3399643514.22%14.00%
合計22578023059100.00%100.00%

同様に移動速度と不意をつく確率の出現率が少し高いです。約1/7ですので、移動速度9%の出現率は1/7^3 = 1/343となります。

補足と一言

腕の錬金効果は有効なものが非常に少ないためはぶいています。

すべての部位でパルプンテ効果の出現傾向が少しだけ高いことから、この結論にさせていただきました。記録は取り続けてこの傾向に変化がないかを確かめていくつもりです。



ゼルメアカテゴリの最新記事

^