魔法の迷宮フィーバー「期間中に導かれし旅人の出現率を1000回以上調査してみました」

はじめに

魔法の迷宮フィーバーの仕様についてはDQXTVにていくつか発言がありました。

21分10秒あたりから説明があります。

“香水を使用しなくても、香水を使用したときと同じ確率で導かれし旅人に会える”

“さらに香水を使用すると効果が重複して確率がアップする”

実測

まず、「香水のみ」と「香水 & フィーバ」の実測表をご覧ください。

要点は2点です。

トルネコ、ミネア、テリーの出現率が香水のみのときより、平均で約1.2%アップしました。

平均5.2%だった出現率が平均6.4%にアップしていました。

カンダタの出現率に変化はありませんでした。

カンダタの出現率は16%付近から変化がないようでした。

フィーバー期間中に香水を使用して導かれし旅人に遭遇できる確率は約32%から約35%にアップした程度にしかなりませんでした。

実際に3%~4%しかアップしていなかったことになります。これではフィーバーを感じることは難しかったと思います。

予測(1)

みちびきの香水の効果はトルネコ、テリー、ミネアの出現率を固定値(%)でアップすると考えてみます。

「香水のみ」と「香水 & フィーバー」の差は約1.2%なので実測より予測すると以下のようになるはずです。

なし 香水 香水+Fever
トルネコ ? 5.20 6.40
ミネア ? 5.20 6.40
テリー ? 5.20 6.40
カンダタ 0.00 16.00 16.00
? 31.60 35.20

実際に香水なしは調査していないので、こんなに高いのかは不明です。

香水なしの確率がこの予測よりかなり低かった場合、フィーバーのアップ率になんらかの不具合があった可能性を疑ってしまいます。

予測(2)

魔法の迷宮もゼルメア式で作成されたマップの中からランダムで抽選され、その中に導かれし旅人が存在すると考えてみます。

魔法の迷宮には迷宮レベルというものが存在します。パーティの平均レベル±4の9段階で出現します。

また、魔法の迷宮は各種族のシンボルを象徴とした5種類に分類できます。以上のことから、仮にマップを作成してあるとすると…

(9段階) x (5種族) x (マップの種類)

というように45の倍数ぶんだけ作成してあると考えられます。そして、ゼルメアのようにあまり多く作っても意味がないと思います。

9 x 5 x 9 = 405マップ作成してあるとすると
マップ数 確率
トルネコ 20 4.30
ミネア 20 4.30
テリー 20 4.30
カンダタ 0 0
なし 405 87.10
マップ数 465 100.00

*香水を使用しないとカンダタはいっさい出現しません。

香水を使うと出現マップが追加される

実測に合致するようなトルネコ、ミネア、テリー、カンダタの出現マップ数を入力してみます。

マップ数 確率
トルネコ 30 5.04
ミネア 30 5.04
テリー 30 5.04
カンダタ 100 16.81
なし 405 68.07
マップ数 595 100.00
フィーバーでさらにマップ追加
マップ数 確率
トルネコ 40 6.40
ミネア 40 6.40
テリー 40 6.40
カンダタ 100 16.00
なし 405 64.80
マップ数 625 100.00

補足と一言

予測については、こんな感じになっているのではないか?という個人的なものなので、なんとなくで読んでくださると助かります。

今回の調査において、予測(2)が怪しいかなと思っています。

なぜなら、マップ数だけに着目した場合にトルネコ、ミネア、テリーの出現するマップは20(なし) ⇒ 40(香水 & フィーバー)と2倍になってます。

出現マップは2倍になっていますが、魔法の迷宮の仕様上思ったより実際に会える確率は上がっていなかったというのが理由とも考えられるからです。

ドラゴンクエストXランキング
この画像を1日1ポチで応援してね!ハートマークも押して足跡を残してくれると喜びます。