回復魔力891以上のベホマラー回復量一覧表

はじめに

上限解放後のベホマラーの計算式は少し特殊になっているので一覧表を作って分かりやすくしてみました。

まとめ

回復魔力891から6ずつ上昇させないと回復量がいっさい変動しません。変動がない範囲で少し上昇させても全く効果がないので、表を参考に調整してみてください。

ベホマラーにおいて回復量+10%は回復魔力72に相当します。

輝天のスティックとエイルのスティックの回復魔力差は28なので回復量に限ってはエイルのスティックに軍配があがります。回復量差は16~17です。

聖なる祈りの手動更新頻度が大幅に減る輝天のスティックも使い勝手はかなり良さそうです。エンドコンテンツで回復量とダメージ量をしっかり把握したうえで新装備に切り替えるのは悪くないかもしれません。

計算式

回復魔力891以上
基本回復量 = ( 回復魔力 – 891 ) x 1/6 + 249~259 (小数点以下切り捨て)

計算上、上限基本回復量は350~360、魔力は1497の可能性が高そうです。

傾き1/6は(上限値-下限値)/(上限魔力-下限魔力)の式に当てはめると(350-249)/(1497-891) = 101/606 = 1/6 となるからです。

最終回復量 = (基本回復量) x (補正) + (回復量+) (小数点以下切り捨て)

(補正)は聖なる祈り(+100%)、宝珠(+12%)、エイルのスティック基礎効果の呪文と特技の回復量+10%などが該当します。

(回復量+)は死神のピアス、しんこうスキル160以上にセットする呪文の回復量アップが該当します。

エクセルやスプレッドシートで計算する場合は基本回復量計算と最終回復量計算の両方にROUNDDOWN関数で切り捨て処理を2回おこなってください。

回復量一覧

計算式より基本回復量と最終回復量の計算で2度の小数点以下切り捨てがおこなわれる関係で以下のような特殊な状況になっています。

回復魔力891から6ずつ上昇させないと回復量がいっさい変動しません。

回復量が変動する魔力を太字にしてあります。表を軽く確認してみると分かると思います。(0~10は基本回復量の幅)

全範囲では見るところが多すぎるので、回復量の変動がある魔力に絞って一覧にしました。

一応タブに賢者やデスマスター用の補正2.12の表も用意しておきました。

補足と一言

回復量の変動がない範囲で回復魔力を少し上昇させても全く効果がないので、表を参考に調整してみてください。

死神のピアス⇒魔犬の仮面で聖なる祈りの更新頻度を下げる場合は回復量をマイナス15してください。ただし魔力891以上で回復量+15は聖なる祈り込みの魔力換算で36~42程度にもなるので敵のダメージと相談して決めてくださいね。


「いいね」「ブログランキング」「広告」などのクリックで応援いただけると嬉しいです!